導入会社が増えてきている

テレビ電話

遠方在住者に最適

世の中の流れに沿って、最近は現代的な面接をする会社が増えてきています。その一つに、テレビ電話面接が挙げられます。文字どおり、テレビ電話を介して面接をするという方法です。当然、テレビ電話のシステムを構築する必要があります。まず、テレビ電話面接をするメリットについて考えてみましょう。これを導入することによって、遠方に住んでいる人でも手軽に面接を受けられるようになります。わざわざ本社まで足を運んでもらうこともありません。逆に、面接官が相手の住むところまで行く必要もなくなります。双方にとって交通費や旅費が浮くというメリットがあるわけです。また、テレビ電話面接なら時間を気にせずにじっくりと面接をすることもできるでしょう。接続さえきちんとしていれば、夜中であってもできるはずです。もちろん、それは常識外となるため、一般的には平日の日中に行われることになります。このようにメリットはあるものの、慣れていないと最初は戸惑ってしまうかもしれません。特に面接を受ける側としては、どのようにすればいいのか困惑してしまうこともあるでしょう。テレビ電話面接を受けるのなら、その会社からの指示をしっかり聞き、そのとおりにセッティングすることが大事です。例えば、画質が良くないとあまり良い印象を与えないことでしょう。光の当たり方や明るさなど、きちんとセッティングした上でテレビ電話面接を受けることをお勧めします。受ける前に友人などに協力してもらい、映り具合をチェックするといいかもしれません。