税金計算における注意点

パソコン

今度の動向に注目

税金にはさまざまな種類があり、法人もしくは個人に課せられています。個人に課せられる税金の代表としては所得税があり、サラリーマンであれば一定の金額が毎月給与から天引きされています。同様に企業に課せられる税金には法人税があり、稼いだ利益に応じて翌年に納付する仕組みになっているのです。これら税金の計算は簡単ではありません。家族構成や事業規模によって軽減税率が適用された結果、納める税額が減る場合もあるのである程度の専門知識が要求される仕事なのです。特に法人間の取引では消費税の取扱いが重要です。取引の形態や扱うサービスによって課税されるのか、非課税となるのかを都度判断しておかないと、いざ税金計算をする時になって誤った金額を算出してしまいます。多くの企業では会計ソフトを使用し、適切な仕訳を入力することで消費税の処理を行っています。現在では消費税は課税対象の取引であればどのような場合も一律8%の税率ですが、近いうちに軽減税率が導入される見込みとあって、企業会計にも対応が求められているのです。ソフトウェア会社も軽減税率に対応した新システムの開発を始めています。簡単なアップデートで新システムに移行できるケースもありますが、使用しているソフトウェアのバージョンが古いと買い替えの必要があるかもしれません。自社の会計システムをどのように軽減税率に対応させるのかは早めに検討し、業務が滞らないような配慮が大切です。