スケジュールソフトの利点

カレンダー

他人の行動は書き込めない

最近の会社は、社員のスケジュール管理にスケジューラーを使う所が多くなりました。その所為か社内に各人のスケジュールを記した黒板やホワイトボードは、めっきり見なくなりました。パソコン内のスケジューラーに予定を書き込むことで、全社員に自分の行動予定を知らしめることができます。このソフトを使えば、空きのない時間帯に会議招集を指示されることもなくなります。また、このソフトは、自身のスケジュール管理にも便利です。スケジューラーの予定にフラグを立てておけば、前日、前々日には行動予定が自動的にパソコン画面に現れます。スケジューラー自体がアラート機能を持っているので、予定表を見過ごしたという失敗もなくなります。このソフトは、出先からもスマホを通じて入力可能なので、リアルタイムで予定表が出来上がります。大変便利なスケジューラーですが、気を付けなくてはいけない面もあります。最近のソフトは、他人の欄への書き込みができないように設定されているため、複数の人員に会議の参加を呼び掛けるには、スケジューラー間のメール機能を使う必要があります。メールを受信した人が承認ボタンを押せば、会議予定は自動的に受信者の予定欄に入ります。この手続きが面倒という声もありますが、他人が勝手に行動予定を書き換えることを防ぐには、この方法がベストと言えます。また、最初の設定を変えておけば、限られたグループ内で、人の予定欄への書き込みが可能となります。